レーザーを使用したニキビ治療

ニキビは、ストレスや睡眠不足、乱れた食生活、便秘などの腸内環境の悪化で出来ます。美容皮膚科で行うニキビ治療では、様々な方法がありますが、ここでは、レーザー治療についてご説明します。

美容皮膚科のレーザー治療は、ニキビ内部の膿を出す、ニキビを出来にくくする、改善させる効果があります。ニキビ治療に使用されるレーザーには、炭酸ガスレーザー、アレキサンドライトレーザー、ジェネシス、フラクショナルCO2レーザーなどがあります。炭酸ガスレーザーは、面皰圧出時や膿が奥深くに溜まっている場合、ニキビに穴を開ける為に針の代わりに使用されます。跡が残りにくく、ニキビ内部に溜まっている膿や皮脂を取り出す方が治癒が早い事から使用される事もあります。次に、ニキビ治療の他に主にシミやくすみ、毛穴の引き締め、脱毛に使用されるアレキサンドライトレーザーですが、これらのうち、ニキビ治療に有効なのが脱毛です。カミソリ負けなどで過角化が生じると、ニキビが出来やすくなります。脱毛をする事で、過角化が治まり、毛穴が引き締まる為ニキビの改善につながります。また、ジェネシスは除毛効果があるのでアレキサンドライトと同様の効果でニキビが出来にくくなります。フラクショナルCO2レーザーは、陥没したニキビ跡などに有効とされます。レーザーを小さな点状に照射し、新しい肌に変えていきます。