ニキビのセルフケアで気を付ける事

ニキビが出来る原因は主に、毛穴のつまりであり、間違ったスキンケアやストレス、乱れた食生活や睡眠不足、ホルモンバランスにより起こります。美容皮膚科で治療した後は、再発させない為にも上記のような事に気を付ける事が重要です。ここでは、セルフケアで気を付ける事について、ご説明します。

肌は、約4週間で生まれ変わります。新しく再生した肌をきれいなまま保つ為には、スキンケアは大変重要と言えます。正しい方法で洗顔やクレンジングを行い、保湿をしっかり行する事はスキンケアの基本です。洗顔をする際はしっかり泡立て、こすらずに優しく洗います。すすぐ際は余分な皮脂まで落としてしまわないよう、ぬるま湯ですすぎますが、洗顔料が残らないようにしっかり洗い流しましょう。また、既に出来てしまったニキビについては、触らない事が大切です。髪の毛も、顔に触れないように束ね、清潔なタオルや寝具を使用しましょう。食事はバランス良く食べる事を心掛け、特にビタミンB群を多く摂ります。アルコールの過剰摂取は皮脂腺を刺激し、アルコール分解時にはビタミンBを大量消費してしましい、ニキビが出来やすくなります。タバコもビタミンCを破壊し、肌の老化も早めるので、アルコール、タバコは控えましょう。

ニキビを予防、改善する為に、セルフケアは正しい方法できちんと行うように心掛けましょう。